パートナーの束縛。あなたは許せる?許せない?-02 カテゴリー:浮気

□うれしいと感じる範囲の束縛

好きになるほど、自分だけを見てほしくなりますよね。

あの手この手で見てもらおうとしても、それがパートナーの負担になってしまっては意味がありません。


「ごめんね」と別れを切り出される前に、「プチ束縛」を学んで、

変えられる部分は今から変えてみましょう。

惚れ直してくれる可能性もあるかも?!


□プチ束縛って…?

携帯を見られる・飲みには行くな・ありえない…と思うような電話やLINEの嵐

ではなく、「いつ・どこで・誰と・何をしているのか?」という確認のようなものをプチ束縛といいます。


これを聞かれると女性側はイラっとする人が多いですし、男性側に聞くにしても

「ちょっとうるさすぎ…」と嫌がられたり、聞いた女性側が「重くないかな…?」と

気にする人もいる内容ですね。


「付き合ってから〇年」など期間の長いカップルの方がまだ聞きやすいかもしれません。

それでも、気にされる度合いや頻度で、「うざい」と思われてしまう内容とも言えます。


ここで「うざい」と思う理由としては、潜在意識の中に

「従わなくてはいけない」という意識があるからだそうです。


これを持っている人は、パートナーに

「いつ・どこで・誰と・何をしているのか?」と聞かれると

イラつきを覚えるようです。


もしパートナーに聞かれたら、

「〇〇で〇〇ちゃんとお茶してる」

などのように簡潔に一文で返すと、パートナーからの質問の嵐にならずに、かつイラつきを感じる前に終わらせられるでしょう。


□付き合いたてや恋愛初心者にオススメなプチ束縛

先ほどのものよりも、もっとさりげないプチ束縛をご紹介していきます。

こちらの方がさりげなくて、彼にも「かわいい」と思ってもらえるかもしれません。


①かわいくすねる

「私以外の女性と、あんまりしゃべっちゃダメ」と、ぶっきらぼうにすねてみてください。

…かわいくないですよね?


同じ言葉でも、泣けば重たくなりますし、ぶっきらぼうにすれば「怒ってるの?」となります。

彼の腕を軽く握って、同じことを言って、そしたら笑顔を見せてみてください。

「かわいいな」と思ってくれて、二つ返事で「気を付けるね」と言ってくれるかもしれません。


②ちょっとだけハグ

女友達の前で「これは私のものだから、触っちゃダメだよ」と言いながら、彼を軽くハグ。でも、すぐに離れてください。

くっついたままだと、彼が恥ずかしがったり、友達の反感を買ったりします。


これならきっとドキッとして、あなたへの気持ちが上昇していくでしょう。

肌に触れたり、服の裾をつまんだりすると効果的です。


③軽くメールで束縛

メールはできるだけ楽しい話題で。長文は控えて、写真中心にしてみてもいいでしょう。

彼が時間をかけずに見られるメールにすれば負担も減りますし、「またメールがきた」と見てもらえないこともないでしょう。


しつこくしすぎるのはNGですが、「生存確認だから」と、一日一回はメールをしてもらえるようにお願いしてみるのもいいでしょう。

「なんだそれ」と、ギャグにもっていくこともできます。


他には「誰と行くの?」と直接的なことを聞くのではなく、

「女の子も一緒?」と、さりげなく聞いてみるのがいいでしょう。


 

カテゴリ一覧

Re:)悩めるすべての人へについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意

Re:)悩めるすべての人へ