いつまでも仲良くいる夫婦になるためのコツ Vol.5 カテゴリー:結婚

□いつまでも、恋人のように仲良くいたいから!!夫婦円満のコツは……?「いつまでも感謝の気持ちを忘れないこと」

結婚して一緒にいる時間が長くなると、最初のころはあった「感謝の気持ち」がだんだんと少なくなってきてしまいます。
「結婚したから、これでいつでも愛する人が家にいてくれる」と考えて、結婚した途端に安心しきってしまう男性も多くいます。

最近では、結婚しても共働きの家庭が多いですが、専業主婦の家庭も少なからずありますよね。
どちらの家庭にしても「女性の方が担う家事が多い」というのが現実ではあります。

同じように働いて、大半の家事をこなす女性としては、日々の負担はとても大きいものになってきます。
結婚して最初のころは、そうした「相手がしてくれている」ことに対して、素直な気持ちで「ありがとう」と言っていたことも、次第に減っていってしまいます。

結婚して長い間その人と一緒にいることによって、相手がいることや、日々してくれていることが当たり前になってきて、「いつもありがとう」という気持ちが「やってくれて当たり前」という気持ちに変化していってしまいます。
そうなると、今までのように「ありがとう」という機会も減ってきてしまい、毎日やっていることに対して、やりがいがなくなってきてしまったりします。

そうなると「なんで自分ばかり」という気持ちも芽生えてきてしまい、ストレスが溜まることになります。
そうしたことが原因で、夫婦の間で衝突が多くなったり、ケンカが増えたりと、良いことは一つもありません。

ケンカや衝突が増えると、誰でも家に帰りたくなくなってしまいますし、「話したくない」「顔も見たくない」ということになってしまいますよね。
そうならないためにも、いつまでも、どんな小さなことに対しても「ありがとう」という気持ちを伝えることを忘れてはいけません。

そして、何か悪いことをしてしまったときには、素直に「ごめんなさい」と言える素直さも必要です。
この二つに気をつけるだけで夫婦仲はぐっと変わってきますよ。

いかがでしたか?
些細なことに気をつけるだけで、いつまでも仲の良い夫婦でいられたりすることがわかりましたよね。

これを参考に、まずは自分から歩み寄ってみることが大切です。


 

カテゴリ一覧

Re:)悩めるすべての人へについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意

Re:)悩めるすべての人へ