貧乏で夢のある人、金持ちで夢のない人 Vol3 カテゴリー:恋愛

□金持ちで夢のない人

先ほどの反対で、「夢のない人はつまらない」というのも、よく聞く言葉ですね。


結婚して家族が増えても十分養えるぐらいの財力はあるが、

「夢は何?」と聞かれた時に、「特にないかな」と返ってくるのは、確かにあまり楽しいものではないかもしれません。


答えが返ってきたとしても、それが

「大金持ちになりたい」なんかだと、「貯金が趣味なのかな?」と思ってしまい、「どこに行ってもケチそう」という印象になるようです。


「マイホームを建てたい」「あのメーカーの車がほしい」

と、男の人ならではの夢はいくつかありますが、夢のない人というのは、こういうものにも興味を示さないようです。


そういう人のそばにいると、逆に女性の方が

「あれもこれも」という欲が目立って、一緒にいて恥ずかしい思いをする人もいるようです。


女性でも「結婚したらマイホームがほしい」と思う人は一定数いるようで、

家を建てることに了承してもらって、いざ色んなものを選ぶというときに

「なんでもいい。君の好きにしたら」なんて、夢のない男性が相手だと言われることも多いようです。


「彼が無欲すぎて、私ががめついように映る」

という悩みに発展してしまうことや、


誕生日や記念日などに「何か欲しいものはある?」と聞いても「特にない」と言われてしまい、

それでも「何も用意しないわけにもいかないから…」と、彼が持っていないものを調べて贈っても

対して喜んでもらえないことが続くと「この人といても楽しくない」という感情に発展してしまうようです。


「いくらお金があっても、それ以外何もないのでは面白くない」

というのが、世の女性の多い意見のようです。


「大金持ちになりたい」という夢は決して夢がないわけではありませんが、基準が人によって曖昧なのと

「その大金持ちになってから先はどうするの?」という問いに、先を考えていなくて答えられない人が多いようです。


「とりあえず世界一周でもしてみようかな」という人や、「移住したい」

という返事の人には、女性はそれを実現する大まかな金額を考えてしまい、

結果「現実味のない面白くない人」というレッテルを貼ってしまうようです。

 

カテゴリ一覧

Re:)悩めるすべての人へについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意

Re:)悩めるすべての人へ